SSブログ
前の10件 | -

ラーコーツィ橋近くの展望台ジグラット [ハンガリー建築旅行]

新しい竣工写真も無いのでしばらくはハンガリー建築旅行を続けようかと。
82_J9千_IMG_6889b.JPG
チェックインしたブダペストのアパートから30分ほどかけてドナウ川にかかるラーコツィ橋の近くまでトラムで移動してきました。時間は夕方5時半頃。

無料の展望台のジグラット(Ziggurat) です。
82_J9千_IMG_6903-2b.jpg
螺旋状に外周を上がって行く動線で、左の入り口からは室内の展示室にはいれるようですが、この日は既に閉館時間(あるいは日曜なのでお休み)でした。

設計者は誰なのか、4〜5分調べたのですが確認出来ず。

82_J9千_IMG_6896-2b.jpg
グルグルとあがって行きます。

82_J9千_IMG_6897-2b.jpg
廻りながら周囲の景色を見られる仕組み。

82_J9千_IMG_6898-2b.jpg
頭頂部に到着。
なかなか良いアイデアで構成されていて楽しい施設でした。

遠くにペテーフィ橋が見えます。

石川淳建築設計事務所



nice!(16) 
共通テーマ:住宅

ハンガリー旅行3つ目の宿 [ハンガリー建築旅行]

新しい竣工写真も無いのでしばらくはハンガリー建築旅行を続けようかと。
81_J9千_IMG_6861-2のコピー.jpg
ニールバートールを急いで出て、明るいうちにブダペストの宿へチェックインできました。
ハンガリー建築旅行の3つめの宿はアパートタイプの所に2泊です。

早速部屋が綺麗な内に撮影会。
81_Nao_IMG_6018-2のコピー.JPG
2LDKの広々した部屋です。2人で2泊1万9千円程度です。

81_Nao_IMG_6015-2のコピー.JPG
シンプルで素敵なインテリアです。

81_J9千_IMG_6862-2のコピー.jpg
キッチンには食器や調理器具もそろっていて「生活できる」レベルです。

81_J9千_IMG_6867のコピー2.JPG
リビング脇にはベランダがあり・・
81_J9千_IMG_6868のコピー2.JPG
中庭に面しています。
向こう側の建物もリビングが中庭に面しています。

81_J9千_IMG_6863-2のコピー.JPG
奧に2つの寝室があります。
手前の左のドアはトイレとリネン庫、右がバスルームのドア。

81_J9千_IMG_6872-2のコピー.jpg
ベッドルームも十分な広さ。

81_J9千_IMG_6875のコピー2.JPG
ベッドルームのベランダからは外の道路を見渡せます。

私の感覚からすると、中庭に寝室を面させて道路側にリビングを配置しそうな気がしますが、逆なんですね。

共同住宅の数十戸がアパートタイプの客室で、フロント機能は1階の道路に面した店舗風の場所でした。24時間フロントに人も居るようでしたので困ることも無く過ごせました。


こちらがお宿のHP
https://novabudapest.com/

石川淳建築設計事務所


nice!(34) 
共通テーマ:住宅

ベンチとゴミ箱だけの駅 [ハンガリー建築旅行]

新しい竣工写真も無いのでしばらくはハンガリー建築旅行を続けようかと。
80_J5GⅡ_IMG_3115-2b.JPG
ニールバートールのホームです。
ここからデブレツェン駅に戻って電車を乗り換えです。

80_地図b.jpg
地図的にはこんな感じ。

80_J5GⅡ_IMG_3116-2b.JPG
デブレツェンへ戻る途中にあった駅です。
なんと駅名標識とベンチとゴミ箱しかない駅。
あとでグーグルで見直しましたがやっぱり駅舎やホームは無くて、ベンチとゴミ箱だけでした。
(右に見切れているのは信号施設)

80_IMG_3515b.JPG
ところで、これがキップですが、23号車の84席と86席との表記です。

80_J5GⅡ_IMG_3120b.JPG
席の表示はよくあるパターンですが・・・

80_J5GⅡ_IMG_3121-2b.JPG
号車番号の表示は窓にセロテープで貼ってありました。
これには気がつくのに少々難儀。

80_J5GⅡ_IMG_3122b.JPG
外から見るとこんな感じ。
23両もなかったのでドア番号という事でしょうかね。

石川淳建築設計事務所


nice!(28) 
共通テーマ:住宅

ハンガリーで最も古い鐘楼の一つ [ハンガリー建築旅行]

新しい竣工写真も無いのでしばらくはハンガリー建築旅行を続けようかと。
79_J5GⅡ_IMG_3092-2b.jpg
ニールバートールのカルヴァン派教会に到着です。
木造の鐘楼はハンガリーで最古かつ最大(エクスナレッジ世界の建築街並みガイド5より)との事。

79_Nao_IMG_5990-2b.JPG
黒い棟と白い礼拝堂の組み合わせが美しいです。

設計者は不明で、建設年は1484〜1511頃。
1640年頃に鐘楼が作られたと築街並みガイド5に記載があります。

79_J5GⅡ_IMG_3095-2b.jpg
カカスドで見た村役場の鐘楼のオリジナルがここなのだと思います。

※カカスドの記事
https://jun-ar.blog.ss-blog.jp/2024-05-19


79_Nao_IMG_5988-2b.jpg
楽器を弾いている像がありました。


79_J9千_IMG_6832b.JPG
鐘楼のディテールです。

79_J9千_IMG_6835b.JPG
内部の様子。

79_J9千_IMG_6825b.JPG
脇には管理棟があります。

訪れた日は日曜なので10時から礼拝をやってまして終われば500フォリントで内部を見学できます。
なのですが・・・帰りの電車を計算すると、ここであと2時間過ごすか、ブダペストへ戻ってブダペスト市内をもっと見学するか?の選択となり、やむなく駅へ戻ることに。(なにしろここからブダペストに戻るには4時間以上かかるので・・)

この管理棟にはカフェもありますので一服したい所ですが盛り沢山の建築探訪先に行くためあきらめです。

79_J9千_IMG_6844-2b.jpg
教会の廻りの風景です。
素敵な邸宅がありました。
後ろ髪をひかれつつニールバートール駅へ戻ります。

石川淳建築設計事務所


nice!(37) 
共通テーマ:住宅

北千住で住宅相談会へ参加 [日常]

20240611news1のコピー.jpg
今日も早くも金曜日。
暑いですね。

さて、今週末は東京の北千住駅前シアター1010の10階にて住宅相談会へ参加します。

建築の御相談のある人は是非いらしてください。

20240611news2のコピー.jpg

イベントの公式Webです。
https://events.asj-net.com/events/17151
nice!(24) 
共通テーマ:住宅

樋がスゴいことになってる [ハンガリー建築旅行]

新しい竣工写真も無いのでしばらくはハンガリー建築旅行を続けようかと。
78_J9千_IMG_6821-2b.jpg
デブレツェンから電車で1時間20分のニールバートール(Nyírbátor)駅です。
(カタカナ表記をエクスナレッジのガイド本に合わせて変えました)
距離の割に時間がかかりますが線路の状態が恐ろしく悪くて電車がスピードを上げられないようです。

余談ですが駅舎の看板に場所名がついているのをハンガリーで初めて見ました。
いままではすべて「鉄道駅」と看板がかかげられてたので。

78地図b2.jpg
このような位置関係です。

78_J5GⅡ_IMG_3087-2b.jpg
駅から15分ほど歩いて現地を目指します。
街角にはスズキアルトらしきクルマが止まっていましたが、エンブレムは「いすず」です。
そんなOEMあったのかな???と思いつつ進みます。

78_J5GⅡ_IMG_3085-2b.jpg
表題のスゴイ樋のついた住宅。
よく見て頂くと・・・

78_J5GⅡ_IMG_3084-2b.jpg
歩道をまたいで道路へ直接放流!
日本のようにザーザー雨は降らないのかもしれませんが大胆。
壁にそって縦樋を落としてから開放するよりは歩道が水浸しにならない良心的なアイデアなのかも。

78_J5GⅡ_IMG_3089-2b.jpg
いよいよ見えて来ました!

石川淳建築設計事務所


nice!(32) 
共通テーマ:住宅

デブレツェン駅 [ハンガリー建築旅行]

新しい竣工写真も無いのでしばらくはハンガリー建築旅行を続けようかと。
77_J9千_IMG_6708-2b.jpg
ハンガリー5日目の朝はデブレツェン駅から。
ホテルで朝食を取って早々に駅へ。

この日はデブレツェンから更に離れたニールバートール(Nyírbátor)へ日帰りで行ってブダペストへ帰ります。

77_J9千_IMG_6710-2b.jpg
駅の待合室的なホールです。
ヴォールト屋根が特徴的な駅舎で夜景が綺麗そう(夜見てないですが)

77_J9千_IMG_6714-2b.jpg
前記事にも掲載の外観です。
時計の着いてる庇の下のエントランスを入ると有人キップ売り場のホールがあります。

77_J9千_IMG_6807b.JPG
電車が来るまで駅を散策。

77_J9千_IMG_6806b.JPG

77_J9千_IMG_6814-2b.jpg
有人キップ売り場です。
お掃除ロボットが床を葺いてました。

77_J9千_IMG_6813-2b.JPG
ロボットのUP写真。

77_J9千_IMG_6816b.JPG
ホームへは地下廊下で渡ります。

77_J9千_IMG_6818-2b.jpg
さあ、ニールバートールへ50キロほど1時間半の移動です。

石川淳建築設計事務所



nice!(28) 
共通テーマ:住宅

名物トカイワインで夕食 [ハンガリー建築旅行]

新しい竣工写真も無いのでしばらくはハンガリー建築旅行を続けようかと。
76_Jsog_20240309_195008-2b.jpg
レストランがやっているホテルという事で、夕食はホテルで頂きました。

写真はハンガリー名物のトカイワインと普通にシャルドネ。
トカイワインは甘いと聞いたので、トカイワイン1杯とシャルドネを1杯のつもりで頼んだら2杯づつ一度に来ました。

ウエイターのおじさんが「沢山のむねえ」といった表情で置いていきました。

トカイワインは香りがハチミツのようですが味は甘くなくて、とても美味しいワインでした。
76_J5GⅡ_IMG_3071-2b.jpg
メニューはWebで事前に予習したのですが、ガイドブックに書いてある料理を食べようと本も持参。

76_IMG_3513.JPG
「このスープちょうだい!」と身振り手振り。


76_Jsog_20240309_194406-2b2.JPG
おじさんもイラストに反応してくれて色々ハンガリー語と英語で説明してくれます。

76_JJ5GⅡ_IMG_3074-2b.jpg
ハンガリー名物のグヤーシュスープ。
パブリカで味付けされてます。


76_JJ5GⅡ_IMG_3077-2b.jpg
デブレツェンは淡水魚料理が有名との事でマスの唐揚げです。

76_JJ5GⅡ_IMG_3078-2b.jpg
こちらは肉料理。

ハンガリーの料理はとにかく量が多いので日本人には食べきれません。
そうは言っても、2人で3品くらいは頼まなくては(失礼にあたるといけないので)・・とがんばりました。

76_JJ5GⅡ_IMG_3080-2b.jpg
お腹いっぱいで部屋に戻りました。

こちらがレストランの(ホテル)のWebです。
https://regiposta.hu/


石川淳建築設計事務所


nice!(31) 
共通テーマ:住宅

マコヴェッチ氏設計の個人邸をチョロ見 [ハンガリー建築旅行]

新しい竣工写真も無いのでしばらくはハンガリー建築旅行を続けようかと。
75_J5GⅡ_IMG_3048-2b.jpg
デブレツェンの旧市街の外れにあるイムレ・マコヴェッチ氏設計のジドソ・ベニエイ戸建て住宅。

個人邸なので遠くから拝見しました。

75_Nao_IMG_5942b.JPG
並びにあったアパートも個性的でマジャルっぽくて撮影しました。


75_J5GⅡ_IMG_3047b.JPG
途中の街角の様子。

75_J5GⅡ_IMG_3040b.JPG
道すがらにあったホテルもマジャルっぽさが出ています。

75_J5GⅡ_IMG_3069-2b.jpg
夜のカルヴァン派大教会を見つつ帰ります。

75_J5GⅡ_IMG_3062-2b.jpg
学園都市といっても3月でしたので学生はあまり見かけません。

75_J9千_IMG_6791-2b.jpg
ということでホテルへ帰還。

石川淳建築設計事務所


nice!(32) 
共通テーマ:住宅

ハンガリー第2の都市デブレツェン [ハンガリー建築旅行]

新しい竣工写真も無いのでしばらくはハンガリー建築旅行を続けようかと。
74_J5GⅡ_IMG_3024b.JPG
デブレツェンの町です。
駅から町の中心を南北に貫くピアツ通りの写真。

3つの大学がある学園都市との事。
74_Nao_IMG_5914-2b.jpg
角にあるのはホテルから数十メートル先にあったデブレツェン ソンカ寺院。
元々バロック様式で建てられていたが1876年にネオロマネスク様式に改装されたのだそうです。

74_J5GⅡ_IMG_3025-2b.JPG
目を引くこちらはマティアス・コルヴィヌス・コレギウムという教育機関の模様。

74_J5GⅡ_IMG_3038b.JPG

74_J9千_IMG_6765-2b.JPG
奧に見えるのは町の中心的な建築であるカルヴァン派大教会。


74_J5GⅡ_IMG_3032b.JPG
広場では何やらクルマのイベントをやっていました。
そういえばハンガリーではフォーミュラ1の第13戦が行われますね。

74_J9千_IMG_6769-2b.JPG
カルヴァン派大教会の前に到着。
どんなガイドブックでもデブレツェンと言えばここが出ています。

16世紀に起こった宗教改革でカトリック教会は閉鎖されカルヴァン派の信者のみが居住を許された「カルヴァン派のローマ」なのだそうです。
1848年〜49年には首都になったこともあるそう。

石川淳建築設計事務所





nice!(30) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -